2010年05月26日

日産、EV用急速充電器を発売――全国の日産ディーラー約200店舗にも設置(Business Media 誠)

 日産自動車は5月21日、電気自動車(EV)用急速充電器を日産部品販売を通じて販売開始した。標準仕様、高温地仕様、寒冷地仕様の3タイプがあり、価格は147万円から。

 日産は12月にEV「リーフ」を発売する予定で、発売までに全国約2200店舗の日産ディーラー全店舗に200ボルトの普通充電器を設置する計画。さらにそのうちの約200店舗には、このほど発売した急速充電器を設置する。半径40キロ圏内に急速充電器設置店を1店舗置くことで、ドライブの途中でバッテリー残量が少なくなっても、短時間で充電してドライブを続行できるようにする。

 急速充電器の出力電圧は最大DC500ボルト、出力電流は最大DC1258アンペア。急速充電器の標準コネクタ仕様「JEVS G 105-1993」と標準プロトコル「CHAdeMO」に準拠しているため、同社製以外のEVにも充電できる。使用温度範囲は、標準仕様はマイナス10度〜40度、高温地仕様はマイナス10度〜50度、寒冷地仕様はマイナス20度〜40度で、高温地仕様は冷却装置、寒冷地仕様はヒーターと耐冷仕様ケーブルを装備している。

 価格は、標準仕様147万円、高温地仕様が173万2500円、寒冷地仕様が154万3500円。同社では「急速充電器を内製化することで、競争力のある価格設定を実現した」としている。【栗田昌宜】

【関連記事】
電気自動車も“ガラパゴス化”!? 内外で規格の主導権争い
キューキ、電気自動車用急速充電器を発売――i-MiEVは30分で80%チャージ
日産、電気自動車「リーフ」の価格を発表――実質価格は299万円から

交通機動隊員が酒気帯び運転=書類送検、懲戒処分で辞職―警視庁(時事通信)
個性派ズラリ!ラーメンバトル2010 グランプリ「牛タンラーメン」の実力は?(産経新聞)
「超重症児」の介護家族、体調不良7割(医療介護CBニュース)
橋下知事「大阪は原潜みたいに沈みっぱなし」(産経新聞)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
posted by フルヤ サトシ at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。