2010年02月03日

県庁に夜の“侵入者”、ひさしに身動きとれず(読売新聞)

 28日午後9時40分頃、前橋市の群馬県庁舎南側にある通用口近くの喫煙所内にハクビシンが入り込んで来たのを男性警備員(28)が見つけた。

 ハクビシンは喫煙所内を動き回った後、高さ約3メートルの柱をはい上がり通用口上のひさしで身動きがとれなくなった。警備員らが網で捕獲しようとしたが、捕まらなかった。

 ハクビシンは東南アジアからアフリカまで生息するジャコウネコ科の哺乳(ほにゅう)類。日本ではペットとして飼う人がいるほか、群馬県内でも近年、食害が報告され、市街地に現れたケースもある。

千葉「正論」懇話会 田久保忠衛氏講演「日米同盟は最大の危機」(産経新聞)
長井先生、昭和基地から「南極授業」(読売新聞)
鳥取不審死で36歳女を再逮捕=強盗殺人容疑−鳥取県警(時事通信)
さっぽろ雪まつり 大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
posted by フルヤ サトシ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。