2010年02月15日

国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館(産経新聞)

 徳島県美波町の日和佐うみがめ博物館「カレッタ」が、8月に還暦(60歳の誕生日)を迎えるオスのアカウミガメの名前を募集している。

 カメは甲羅の長さ約88センチ、重さ約120キロ。地元中学生らが近くの海岸で採取した卵から生まれた。誕生日を確定できるカメでは国内最長寿とされる。

 中学校などで飼育された後、昭和60年に同館へ移住、人懐っこさで人気を集める。「長寿を祝ってすてきな名前を贈りたい」と同館。締め切りは28日。

【関連記事】
福井の海岸に熱帯ウミガメ 研究者「生態解明」に期待
朝ドラヒロイン・倉科カナ 試練も乗り越え「女優色」
温水洋一“館長”も駆けつけ「ウミガメ会議」開く
アカウミガメ危機、絶滅も 日本の開発も脅威
【TVクリップ】倉科カナ 5度目の挑戦夢つかむ

<子ども手当>親「不詳」は対象外 施設入所の2千人(毎日新聞)
作家、詩人の川崎彰彦氏死去(時事通信)
<将棋>久保棋王が勝利 A級へ昇格決定(毎日新聞)
「リアル鳩カフェ」初開催=お茶飲みながら国民と懇談−鳩山首相(時事通信)
北方領土返還 「一番大きな思いだ」 首相ら全国大会に参加(産経新聞)
posted by フルヤ サトシ at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実母資金提供「邦夫氏は質問評価」と与謝野氏(読売新聞)

 自民党の与謝野馨・元財務相は14日、テレビ朝日の番組で、12日の衆院予算委員会で、鳩山邦夫・元総務相との会話をもとに、鳩山首相への実母からの資金提供を追及したことについて、邦夫氏が「きょうの質問はよかった。私はあなたの話を裏付けます」と述べたことを明らかにした。

 与謝野氏によると、予算委後、邦夫氏が与謝野事務所を訪れ、質問を評価した上で、「あれは俺と母の会話なんだ」と説明したという。

 与謝野氏は12日の予算委で、「兄貴はしょっちゅう母のところに行き、子分に配るカネをもらっていた」と邦夫氏が語っていたと紹介し、事実関係をただしたが、首相は「全くの作り話だ」と反論。邦夫氏は13日に記者会見し、「兄が金を無心した話は母から聞いてない」と説明した。

朝青龍の知人を任意で事情聴取 暴行問題で警視庁(産経新聞)
大阪・西成で不審火4件 自転車やビニールシートなど燃える(産経新聞)
生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます−さいたま市消防(時事通信)
足利事件 論告わずか1分 菅家さん「物足りない」(毎日新聞)
新交通システム30分停止 大阪市営ニュートラム線(産経新聞)
posted by フルヤ サトシ at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。